陰部 黒ずみ 色素沈着 アットノン

アットノンで陰部の黒ずみを治す

やけど跡や古い傷跡を治すのに使われている人気のクリームアットノン
小林製薬が発売している皮膚疾患の治療薬なのですが、陰部の黒ずみにも効果があると噂です。
実際どうなのでしょうか。このページではアットノンの黒ずみの効果に迫ります。

 

陰部の色素沈着にアットノンは黒ずみ効果を示すのか?その本当の姿!

 

アットノンの本当の効果

アットノンとは、本当の効果
アットノンにはヘパリン類似物という成分が含まれており、成分が血行促進し保湿を促し炎症を抑えるため、皮膚の傷によく使われています。

 

効果効能は火傷の傷跡解除、皮膚のガサガサ皮膚の乾燥、傷、さらには筋肉痛や関節痛打ち身やねんざの腫れ効果があります。

 

アットノンはなぜ傷跡に効果的なの?

アットノンが効く仕組みはこうなっています。

 

アットノンに配合されているヘパリン類似物が血流を改善します。
そうすると肌が健やかになりターンオーバーが正常になります。
そうすることで傷ついた皮膚が早く抜けて落ちるようになり傷口の跡が早く治るというわけです。

 

アットノンは選べる4タイプ

アットノンは1つの薬ではありません。
薬のタイプはテクスチャーで4種類の薬が用意されています。

 

まず透明ジェルタイプクリームタイプになっているものやローションタイプの物、コンシーラーとして使えるもの

 

アットノンシリーズはアマゾンなどのネット通販で買えるほかリアルの店舗でも販売されていて、価格は1200円から1700円程度になっています。

 

市販薬としては高いもののすごく高いというわけではないですね。

 

カンジダを治す小林製薬のフェミニーナ膣カンジダ錠が2600円で販売されていることを比べれば、アットノンのシリーズは安いといえます。

 

陰部の黒ずみをアットノンで解消できるか

結論から言うとアットノンはある程度陰部の黒ずみに効果があります。

 

ある程度というのはアットノンに美白に直接作用はないから、
でも血流改善しターンオーバーが正常になる作用が見込めるのである程度という表現になっています。

 

 

黒ずみ対策には期待しすぎないように

今まで紹介してきているとアットノンにはメラニンの抑える効果はありません。

 

あくまでも血行促進し肌の状態を良くするという効果止まります。
そして効いて車でに時間がかかるというのも注意を払う必要があるでしょう。

 

実は副作用がある

アットノンは化粧品ではなく医薬品ですので副作用があります。
血流を改善する効果があるので出血するという副作用があります。

 

 

そもそも陰部用薬品ではない

そもそも陰部に塗るための薬ではない
アットノンは火傷の跡や傷跡を改善する薬で陰部に塗るような薬ではありません。
ですので使用方法の適用外、メーカーは肌荒れしてしまっても責任を取ってくれません。

 

 

アットノンを使うくらいなら

陰部の黒ずみを解消するのアットノンのを使うくらいなら、美白成分が入っている美白作用がある美白専用クリームを使った方が近道です。
陰部専用に作られていますし副作用の心配がありません。