陰部 黒ずみ グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸とは?陰部の黒ずみに効く?

黒ずみに効果的なのか、陰部の黒ずみを治す方法探しているときによく見かけるのがグリチルリチン酸です。

 

グリチルリチン酸はどんな成分なのでしょうか。
なぜ配合されているのでしょうか。
副作用はないのかも合わせて解説していきたいと思います。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムとは

グリチルリチン酸2Kとは?その陰部の黒ずみ効果と副作用!

 

グリチルリチン酸ジカリウムは漢方薬であるカンゾウという植物の、根に含まれている成分でそれを抽出して作られています。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、この抗炎症作用が古くからアレルギーや肌の炎症を抑えるために使われてきました。

 

今でも、アレルギーの炎症を抑えるために薬として使われています。

 

黒ずみ解消グッズにグリチルリチン酸が含まれているのは、肌荒れ抑える作用があるからです。

 

肌荒れを抑えることで、黒ずみが改善するのが早くなります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは名前の通りカリウムと化合されています。

 

この事で水に溶けやす美白クリームに配合しやすくなっています。

 

但しこの成分に、トラネキサム酸のような直接、美白する成分は含まれておらず肌の調子を整えることにとどまります。

 

しかし肌の調子を整えて炎症を抑えることは、黒ずみにくい肌になることにつながりますので、美白クリームを選ぶときは、グリチルリチン酸が入ってるものの方が効果が高いといえます。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム副作用

この成分には肌につけた時に何か肌荒れをしたり発疹が出るなどの副作用はあるのでしょうか。

 

実際のところ陰部のような小さいに塗る程度では、ほとんど副作用の心配はないといっていいでしょう。

 

しかし薬として内服している梅は話が別になります。

 

内服すると副作用が出ることがあります。
グリチルリチン酸はステロイドと似たような働きを持っているため、偽アルドステロン症という副作用が起こる可能性もあります。

 

アルドステロンというのはホルモンの一種で副腎から分泌されます。
このホルモンは血圧を上げるなどの作用を持っています。

 

この症状が薬が原因で起こることを偽アルドステロン症といいます。

 

少し怖い話になってしまいましたが、用法をしっかり守って、陰部に塗り薬として使う分には、ほとんど副作用はありませんので安心してください。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムが入っている化粧品

抑えることから様々な化粧品や美白商品に添加されています。

 

化粧品はもちろんのこと、美白ケアやニキビを予防するグッズなどにも含まれていて含まれていないものを探す方が難しいかもしれません。

 

それ以外にも美容液やシャンプーなどにも使われている場合があります。

 

 

陰部の美白クリームで配合されているもの

陰部の美白クリームでこの成分が含まれているものはいくつもあります。

 

ここではその主なものを紹介したいと思います。

 

まずイビサクリームにグリチルリチン酸は含まれています。

 

それ以外にも専用化粧品であるヴィエルホワイトにも含まれていて、お尻の黒ずみを解消するのによく使われているアットベリージェルやバストトップによく使われるピューレパールなどにもグリチルリチン酸は含まれています。

 

黒ずみクリームを選ぶときの注意点

多くの黒ずみ解消クリームにグリチルリチン酸は含まれていますが、中には入っていないものもあります。

 

替わりの成分が入っていればそれでもいいのですが、よくわからないという場合はこの成分が含まれているものを選んだ方が効果が見込めると思います。