陰部 黒ずみ 皮膚科

陰部の色素沈着を皮膚科で治療

陰部の黒ずみが深刻になってくると皮膚科で治したいと思う方も増えてきます。
そこでこのページでは皮膚科に行くとどんな治療が受けられるのか自宅で行う対策と違いがあるのかなどについて解説していきたいと思います。

 

どこの病院に行く

 

陰部黒ずみグリチルリチン酸

 

そもそも陰部の黒ずみ解消したい場合どこの病院に行ったら良いのでしょうか。
皮膚科でしょうか。
答えは美容外科・美容皮膚科です。

 

なぜ皮膚科でないのかというとそれは皮膚の病気ではないから。

 

陰部が黒ずむのは困ったこととはいえ皮膚の病気ではないので、美容を専門にしている美容皮膚科美容外科に行くのが得策なのです。

 

美容皮膚科で受けられる治療

以下では美容皮膚科と美容外科で行われる具体的な治療方法を紹介していきます。

 

塗り薬で治す

美容皮膚科で出される塗り薬にはハイドロキノンやトレチノインなど
強い作用がある美白成分を配合しているクリームを処方してくれます。

 

ハイドロキノンクリーム

皮膚科で出されるハイドロキノンクリーム濃度が高く効果も高いです。

  • ハイドロキノンはメラニンを無くす、
  • メラノサイトというメラニンを生み出す細胞を減らす

働きがあるので強力な美白効果があります。

 

しかし副作用も強いそれなりそれで、皮膚科の医師の監督の下で使うことが多いです。

 

参考記事:ハイドロキノンとは

 

トレチノインによる治療

トレチノインを使った塗り薬の治療方法も一般的です。
トレチノインはハイドロキノンと効果は異なり、ターンオーバーを強制的に早くするという効果があります。

 

ハイドロキノン美白効果と同じ効果はありませんがターンオーバーを早めるためハイドロキノンとセットで使うことが多いです。

 

参考記事:トレチノインとは

 

内服で治療する

美容皮膚科では飲み薬で黒ずみを解消することもあります。

 

内服するのはビタミンC誘導体やビタミンE
その他トラネキサム酸などこれらの成分はメラニンを抑制する作用があるので内服としても使われます。

 

参考記事:トラネキサム酸の効果と副作用

 

ピーリング剤を使うことも

ピーリングはつぶつぶの成分で皮膚の表面を擦り取ること
ごく簡単にいうとクレンザーと同じ方法で黒ずみを落としてしまうということですね。

 

ピーリングで使われる薬はピーリング剤といいます。
これを使うとターンオーバーが早くなるというメリットもあります。

 

陰部の皮膚は薄いですからピーリングを行うときはこのような皮膚科の先生と一緒にやっていく方が安全です。

 

参考記事:皮膚科でのピーリング

 

レーザー治療することも

黒ずみは外科的な治療方法もあります。
一般的に行われているのはレーザー治療で皮膚の表面のメラニンを照射すること

 

レーザー治療は一回で完了するものではなく6回から12回程度行う必要があります。
レーザーを当てるとメラニンが粉砕されて、細かく砕かれたメラニンが肌の生まれ変わりと共に排出されて黒ずみが薄くなっていきます。

 

外科的な治療というと永久脱毛のようにいつまでも効果が続くと思われがちですが、日常生活での刺激を減らさないでいると再発する可能性が高いので注意しましょう。

 

またレーザー治療は即効性はありません。
治療費は1回1万円程度のものが多いです。

 

以上簡単ですが陰部の黒ずみの治療方法で、美容皮膚科や美容外科で行なっているものを紹介してきました。

 

ハイドロキノンを使った治療も、レーザー治療も即効性はなく数ヶ月かけて順々に行っていく治療方法です。

 

また費用も市販で行う対策と比較すると割高なものが多く、効果が高い反面副作用も強いのはデメリット。

 

まだ一回も黒ずみケアをしたことがないという方はまず美容皮膚科に行くのではなく
市販でできる美白ケア商品などを使って、効果がなかったら病院に行くといった手順の方が良いかもしれません。

 

これなら副作用のリスクも少なく金銭的な負担も低いです。

 

トップページに戻る