陰部 黒ずみ 色素沈着 ハイドロキノン

ハイドロキノンの色素沈着効果

ハイドロキノンは主に病院で処方される、肌を美白するための成分です。

 

黒ずみを解消する方法を調べていると真っ先に出てくる成分ですね。

 

このページではハイドロキノンは陰部の黒ずみを解消できるのか、デメリットなどはないのかなどを見ていきたいと思います。

 

ハイドロキノンとは

陰部の黒ずみにハイドロキノンの色素沈着効果は!危険はないの?

 

ハイドロキノンは実は天然の由来の成分、古くから美白に使われてきました。

 

現在も病院などで色素沈着の改善に使われていて、その効果は肌の漂白剤ともいわれるほど強い効果があります。

 

日本では市販される時に濃度規制がかかっており、濃度の高いものは病院でしか処方されることがありません。

 

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの主な効果は肌を美白することです。

 

よく知られている成分として、トラネキサム酸やカモミラエキスなどがありますが、その作用機序と違うところがあり、メラニンを生み出すメラノサイト自体の数を減らす効果やメラニンの還元作用もあり、今あるメラニンを解消することもできます。

 

 

ハイドロキノンは陰部の黒ずみに効果があるのか

陰部の黒ずみも膝などの黒ずみと同じように、メラニンの色素沈着で起こります。

 

ですので陰部の黒ずみも効果的です。
しかし市販されている陰部美白成分にはあまり使われていません。

 

 

ハイドロキノンの副作用が大きい

 

それは副作用が強いから。
ハイドロキノンの副作用ハイドロキノンには副作用があります。

 

肌荒れのリスクがとても高い

効果が高い分、刺激が強いなどデメリットもあります。

 

また濃度規制がかかるほどの成分ですので、陰部に使うには少しリスクが大きいといえます。

 

ハイドロキノンを使うと白い斑点ができる可能性がある

ハイドロキノンは今ある色素沈着を解消する作用もあるため、色が抜けをすぎて白くまだらになってしまう副作用も出てくることがあります。

 

ハイドロキノンの使用が刺激になる

ハイドロキノンを使うことで、新たな刺激が加わり陰部の黒ずみが悪化してしまう可能性も否定できません。

 

そんなときに解消方法がないのも不安です。

 

 

陰部にはハイドロキノンはリスク大

ハイドロキノンは黒ずみに効果がある成分ですが、陰部に使うには少しリスクが高いといえます。

 

ハイドロキノンで黒ずみが悪化してしまった時に治療方法がないというのも不安です。

 

 

陰部の黒ずみは美白クリームで対処

陰部の黒ずみには専用の美白クリームが賢明です。

 

陰部に使えるように作っているものは、普通の美白クリームと違ってさらに刺激が更に弱く作られていて、長く塗り続けても、副作用が出にくく作ってあります。

 

ハイドロキノンと比べると効果は落ちてしまいますが、厚生労働省が認定しているトラネキサム酸などの薬成分であれば、ある程度の効果が期待できます。

 

副作用の心配があまりないことが、家庭で手軽に使える大きな理由にもなっています。