陰部 黒ずみ 原因

陰部の色素沈着メラニンだった

黒ずみは洗っても取れない・・・
黒ずみは正体は何なのでしょうか。

 

このページでは黒ずみは何なのか、どうして起きてしまうのか、対策方法はないのかを見ていきたいと思います。
黒ずみの正体は何なのでしょうか。

 

黒ずんでいるところをお風呂でタオルなどでこすってみて落ちないぞと思った方も多いと思います。
それには理由があります。

 

というのは黒ずみというのは汚れではなくて、皮膚の下の部分できるメラニン色素という物質が原因で起きるからです。
メラニン色素がたまっているのは肌の表面ではなく中の部分ですので、こすっても落ちないはずなんですね。

 

メラニン色素とは

 

陰部色素沈着

 

メラニン色素が簡単に説明すると色々な刺激からお肌を守ってくれる物質です。
色々な刺激というのは日光のような紫外線はもちろんのこと、擦れるなど物理的な刺激も含まれます。

 

紫外線を浴びない陰部の色が黒ずむのは、刺激が原因でメラニンが放出されているからなんですね。

 

陰部で起きる刺激とは具体的にはどんなことが陰部の皮膚に刺激的なのでしょうか。
実はとても些細なことです。
例えば

  • アンダーヘアを自己処理している、
  • 脱毛サロンで脱毛するとき、
  • 歩いてる時すれること、
  • ナプキンおりものシートと擦れることなど

ちょっとしたことが毎日の積み重ねでメラニンが溜まって黒ずみになってしまうのです。

 

色素沈着が起こりやすくなる理由

皮膚というのは常に古いものから新しいものに入れ替わっていますから、一時的にメラニンが出てきてもそれが剥がれ落ちればすむ話です。

 

しかし何故色素沈着は起きてしまうのでしょうか
それは色素沈着が治らない理由があるからです。

 

例えば

  • 日常的な刺激が続いている場合、
  • そもそもホルモンの変化などでメラニンが沢山出てきてしまっていること、
  • 生活習慣が乱れてターンオーバーが正常でなくなっていること

などです。

 

皮膚が乾燥していることも角質肥厚をもたらしてしまうので黒ずみをケアする上ではよくないことですね。

 

積み重なるとメラニンが出てきてなかなか垢として落ちてくれない、黒ずみがひどくなるという仕組みです。

 

色素沈着の効果的な解消方法

今まで見てきたように色素沈着はメラニンが放出されることや皮膚にとどまり続けてしまうこと
皮膚自体が分厚くなってしまうことなどが原因だとわかりました。

 

黒ずみの対策方法にはどんな方法があるのでしょうか。
黒ずみ対処する方法は、美白成分の入ったクリームや石鹸やピーリングなどいろいろな方法が思い浮かぶと思いますが
一番効果的なのは美白クリームです。

 

美白クリームには黒ずみを薄くしてくれる美白成分とターンオーバーを正常にしてくれる抗炎症成分や保湿成分が含まれています。

 

ですので、効率よく黒ずみを解消することができます。
陰部の専用石鹸には黒ずみの効果があると書いてあるものがありますが、古くなった皮膚を落としてくれるだけで美白成分が入っていないので効果は限定的です。

 

ピーリングにも同じことがいえます。
やはりメラニンが生まれるのを抑えて肌の環境を良くしてくれるという3つの機能が必要なので石鹸やピーリングでは力不足なのです。

 

陰部の色素沈着を何とかしたいと考えている方は、美白成分・保湿そしてターンオーバーこの3つに注目してケアグッズを検討してみてください。