陰部 黒ずみ 色素沈着 プラセンタ

プラセンタの陰部の色素沈着への効果

陰部の黒ずみケア商品に入っている成分として、プラセンタは一般的な成分です。

 

潤いを保つ、
透明感を出す
など利用のために用いられることが多いですが、美白効果もあります。

 

このページではそんなプラセンタの効果や副作用についてみていきたいと思います。

 

プラセンタとは

 

プラセンタで陰部の黒ずみが消える?効果と副作用も併せて紹介!
プラセンタは美容の分野で有名な成分です。

 

プラセンタというのは日本語でいうと胎盤のことを意味していて、赤ちゃんに栄養を届けるところです。

 

なぜ黒ずみや美容で胎盤が注目されているかというと、プラセンタは赤ちゃんが育つところで栄養が豊富で、子供の健康を保てる力があることから、美白にも効果が期待されているからです。

 

胎盤には赤ちゃんに必要なものが全部詰め込まれています。

 

栄養も豊富ですし、野生の動物では出産後に胎盤を自分で食べることもよくあります。

 

そんなプラセンタですが、美容的にいうと血流を良くしたり免疫力がアップしたり新陳代謝が良くなったり、保湿効果が高まるという効果、体に悪影響を及ぼしてしまう活性酸素を抑えてくれる効果もあります。

 

 

プラセンタの種類は多い

プラセンタはいくつかの種類があります。

 

人間の胎盤があることはもちろんですが、牛の胎盤や豚の胎盤そして馬の胎盤など由来の異なるいくつもの種類があります。

 

美白に使われているのは主に豚のプラセンタです。

 

 

プラセンタは陰部の黒ずみに効果があるの

そんな栄養が豊富なプラセンタですが、陰部の黒ずみにも効果があるのでしょうか。

 

結論からいうと効果が望めます。
効果が望めることから医薬部外品にも指定されています。

 

プラセンタが美白を促してくれる仕組みはこのようになっています。
まず黒ずみの原因はメラニン色素です。

 

プラセンタにはメラニン生成に関わるチロシナーゼという物質の働きを邪魔してくれる作用があります。

 

そうすることでメラニンの生成を抑えられます。

 

チロシナーゼの働きを阻害する働きの他に、炎症抑える効果と、活性酸素を除去する作用も併せ持っているので黒ずみの改善に効果的です。

 

活性酸素の除去促す作用は、肌のターンオーバーを良くしてくれるという効果にもつながりダブルで黒ずみのアプローチができます。

 

 

プラセンタの陰部への危険性

プラセンタは胎盤ですが、副作用などはあるのでしょうか。

 

プラセンタは医薬界や美容分野で幅広く使われていて、安全だということが確認されています。

 

美白に使われているプラセンタは、豚や馬のものが多く衛生管理がきちんと行われています。
最近では寄生虫などの心配が少なくて、安全性が高いといわれている馬の胎盤がよく使われています。

 

しかし馬や豚のアレルギーがある方は注意が必要です。

 

豚や馬のエキスから作られていますので、アレルギー反応を起こしてしまわないようパッチテストをしてから使用するようにしてください。

 

プラセンタが配合されている黒ずみケアクリーム

プラセンタが含まれている陰部の黒ずみクリーム
陰部の黒ずみクリームのいくつかには、プラセンタが配合されています。

 

例えばホワイトラグジュアリーやピューレパールそれ以外にもアットベリージェルにも使われています。