陰部 黒ずみ トラネキサム酸

トラネキサム酸の陰部の色素沈着への効果

最近は陰部の黒ずみクリームにトラネキサム酸が配合されているものも多く見かけるようになってきました。

 

このページはトラネキサム酸陰部の黒ずみに効果があるのか、副作用などはないのかについても見ていきたいと思います。

 

トラネキサム酸とは

陰部黒ずみトラネキサム酸

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、止血作用や抗アレルギー作用それに炎症を抑える作用を併せ持っている成分です。

 

それでもともとは抗アレルギー薬などの薬として用いられてきていました。

 

この成分は美白効果があることから、開発した資生堂が特許を取っていて、この特許が切れた事から、他のメーカーが黒ずみ対策に使えるようになって、このようなトラネキサム酸が配合された美白化粧品が増えてきました。

 

トラネキサム酸の効果の仕組みは

陰部黒ずみトラネキサム酸

 

トラネキサム酸が効く仕組みは、簡単に解説するとメラニンの生成を抑えてくれる効果です。

 

トラネキサム酸には2つの効果があります。
一つ目はメラニンを生み出すメラノサイト呼ばれる細胞の活動を弱める働きです。
そしてもう一つの作用がメラノサイトのメラニンを作れという命令を止めてくれる効果です。

 

その背景にあるのがタンパク質分解酵素のプラスミンとの関係です。

 

トラネキサム酸にはメラノサイトが活発に活動してしまう原因の引き金となっているプラスミンの働きを阻害する作用があります。
参考記事:黒ずみとは?陰部の色素沈着の原因と対策方法

 

トラネキサム酸は陰部にも効果がある

バストトップの黒ずみも、くるぶしの黒ずみも陰部にできる黒ずみも同じメラニンの沈着によって起こります。

 

トラネキサム酸は先に解説したような、メラノサイトの活動を弱める作用や命令をブロックしてくれる作用があるため、陰部の黒ずみにも効果を発揮します。

 

肌の漂白剤といわれているハイドロキノンほどの効果はありません。

 

しかし効果はマイルドでも、副作用が少なくて顔や陰部に使うのに適しています。

 

それで色々な顔用の美白化粧品や陰部ケア商品に配合されています。

 

 

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸は副作用が少ない薬です。

 

特に塗り薬として使う上では、ほとんど副作用のデメリットはないといわれています。

 

ただし0ではありません。
トラネキサム酸を内服した場合には、吐き気胸焼け、発疹が出るなどの副作用もたまに出ることが報告されています。

 

しかし陰部にクリームを塗る程度では、そのような副作用は心配ありません。

 

 

トラネキサム酸が利用されているクリーム

トラネキサム酸が配合されている陰部の美白クリームを紹介したいと思います。

 

トラネキサム酸は陰部に使える成分ですが、しかし顔用の美白化粧品などを陰部に使うのはやめた方が良いと思います。

 

というのは陰部は刺激に弱いところで肌が薄いところだからです。

 

陰部用に作られているトラネキサム酸配合商品

陰部用の化粧品イビサクリームはトラネキサム酸が配合されているクリーム
一番有名なのはイビサクリームではないでしょうか。

 

イビサクリームには、トラネキサム酸とグリチルリチン酸が含まれていて多くの女性に美白クリームとして使用されています。
またヴィエルホワイトという美白製品も同じ成分が含まれています。

 

こちらは陰部専用の美白化粧水です。
他にクリームタイプとしてはホスピピュアがあります。
化粧水タイプとしてはヴィエルホワイトにトラネキサム酸が配合されています。