陰部 黒ずみ ビタミンC

陰部の色素沈着にはビタミンC!

美白に良い成分といわれて真っ先に思いつくのがビタミンCです。

 

化粧品やアンチエイジングがどの分野でも盛んに使われているビタミン美白効果があるといわれています。

 

そんなビタミンCですが、陰部の黒ずみにも効果があるのでしょうか。
副作用やデメリットも合わせてみていきたいと思います。

 

ビタミンC誘導体は陰部に効果がある?

 

陰部黒ずみビタミンC
陰部の黒ずみをきれいにするのに、ビタミンCは使えるのでしょうか。

 

使える効果があります。
ビタミンC誘導体は皮膚に塗った時に、成分が壊れる効果が届きやすいように改良されたもので美白効果があります

 

国が認めている美白成分にトラネキサム酸がありますが、それと同じ認定をされているのがビタミンC誘導体です。
美白クリームにはよく使われています。

 

 

ただのビタミンCに注意

ビタミンC誘導体には美白効果があります。

 

しかしビタミンCをそのまま塗っただけでは陰部に効果がありません。

 

ビタミンCそのままでつけるとすぐに構造が壊れてしまいます。
そのため化粧品に使う時には誘導体という形に変換して使用されています。

 

ですのでビタミンCサプリを直接塗ったりしても効果は期待できません。

 

ビタミンC誘導体が美白する仕組み

 

ビタミンCはなぜ陰部の黒ずみに効果があるのでしょうか。

 

それはビタミンCが持っている抗酸化作用にあります。

 

美白で有名な成分としてハイドロキノンというものがありますが、ハイドロキノンはメラニンという黒ずみの元を還元する作用があり、それで黒ずみを解消します。

 

ビタミンC誘導体には、効果は劣りますが、それと同じ機能があります。

 

ビタミンC誘導体はハイドロキノンのように、強力な副作用がないので陰部の黒ずみケアクリームによく使われています

 

ビタミンC誘導体に副作用はあるの

ビタミンC誘導体は肌に副作用が出たりするのでしょうか。

 

結論からいうと一般的に市販されているビタミンC誘導体なら、ほぼ問題はありませんが、病院で処方されている濃度の高いものについては若干注意が必要です。

 

病院で処方されているビタミンC誘導体は濃度が5%以上のものが多いです。

 

このくらいの濃度だと肌荒れしてしまう人も中には出てきます。

 

市販されている黒ずみクリームには、それほどの濃度は入っていませんので3%以下のものが多いですから、リスクはほとんどないと思って大丈夫です。

 

ビタミンC誘導体が入っている陰部の黒ずみ商品

ビタミンC誘導体が配合されている陰部に使える美白化粧品としては、ホワイトラグジュアリープレミアムやピューレパールなどが挙げられます。

 

このページでは3種類のビタミンC誘導体が配合されている「ホワイトラグジュアリー」について紹介したいと思います。

 

ホワイトラグジュアリープレミアムには、即効性のあるビタミンCと持続効果が高いビタミンCなど3種類が配合されていて、それぞれのビタミンCが陰部の黒ずみにアプローチします。

 

ホワイトラグジュアリーについて詳しく知りたいという方はこちらを参照してください。