出産がきっかけでボディラインが崩れてしまった、体型がすっかり変わって見る影もなくなってしまったと嘆く方は増えます。

妊娠中はどうしても体は太ってしまいます。
大事な赤ちゃん守るために皮下脂肪を蓄えてクッション性を高めるためです。

その間皮膚はパンパンになっていて引き伸ばされています。
そして赤ちゃんにおっぱいあげている時期は胸がとても大きくなっていてここでも皮膚が引き伸ばされています。

そして授乳も終わって子供が大きくなってくる頃、おっぱいはしぼんでお腹も萎みヒップも縮んでシワシワになってしまいます。

腹筋の深部にある筋肉

腹横筋は天然のコルセットのように左から右へ右から左へと腰を支える働きをしています。

ですが、この筋肉がもともと弱いをする女性が多く、さらに出産を迎える時はこの筋肉が横に伸ばされていて伸びきった状態の時期が続きます。

そしてお産をした後もなかなか筋肉が収縮しにくくなり筋力が低下するのです。

妊娠中に太りすぎないまず対策としては妊娠中に太りすぎないこと。適度に太ることは大切ですが、余計に太るとあとは大変です。

カロリーは決めた量をきちんと守って体重増加も指示された量に止めます。
そして妊娠中はお腹の赤ちゃんを気遣って動くことを控えてしまう傾向にあります。

そうすることで運動量が減ってしまい、つい買い出し、散歩などにも行かなくなって車を使うことが増え、筋肉が落ちて体脂肪だけが増えてしまうことがあります。

出産後一年経っても体型が戻らない

出産してから1年経っても体型が元に戻らない場合は生活スタイルを見直す必要があります。

まず考えられるのがストレスで食べる量が増えているということ
今までしたことがなかった育児という試練に直面し日々ストレスが溜まっています。

そうすると知らぬ間にスイーツをたくさん食べてしまったりお酒で気を紛らわしたりとトータルカロリーが増えていきます。

さらには子供が小さいことから家に一緒に添い寝をする機会が増えてゴロゴロとしてしまうことが増えていきます。

そして外に行く時も車を使って出ていくなど体を動かす機会がめっきり減ってしまいます。
子供に食事を与える時についでに自分も何か食べてしまったり、といった生活のスタイルが原因で太ってしまう体型が元に戻らないといったことが考えられます。

それを予防するためには自分の食事時間、食事量はきっちり守る、夫に子供預けて外で運動する時間を土日だけ取る、こどもに添い寝するときは最初だけ添い寝をしてあとは筋肉トレーニング腹筋や配筋エクササイズなどして、なるべく寝ている時間減らすといった対策が必要なります。

そしてストレスを解消してドカ食いや甘いものをたくさんかき込んでしまうのを防ぐことも大切。

腰の筋肉を伸ばしたり腹筋を鍛えたりするストレッチ、そして仰向けに寝て手で床を押さえて右足を上げて股関節と膝が90度まで曲がったら、反対につけてもう一度倒すというエクササイズを行っていくと効果的です。