実はお尻の黒ずみはぶつぶつは皮膚科でもきれいにすることができます。

早く治したい確実に直したい

きれいにしたいという方は是非とも美容皮膚科に行ってきれいにしてきましょう。

美容皮膚科とは美容皮膚科にお尻をきれいにしに行くの恥ずかしいと思う方がいるかもしれません。

ですが、美容皮膚科現在ではお尻だけではなくデリケートゾーンや脇などをきれいにするために女性が通うのが一般的になっています。

ですので、美容皮膚科に行ったからといってお尻の黒ずみを治すためとはわかりません。
デリケートゾーンかもしれませんし脇の黒ずみかもしれません。
ですので、それほど恥ずかしがらずに気軽に行くことができます。

皮膚科と違うの

美容皮膚科は皮膚科と違うのでしょうか。一般的な皮膚科は皮膚疾患の治療をメインに行っています。

アトピー性皮膚炎や虫刺されかゆみいぼなどを治療します。

一方美容皮膚科は美容的なトラブルを解決するための病院でシミを除去したり脱毛したり黒ずみを撤去したりなどの愛着がメインです。

つまり美容皮膚科は皮膚疾患を治療するところではなくアンチエイジング肌をきれいにしたりするためのところです。

まさにお尻の黒ずみはぶつぶつを治すのには最適なところです。

家で行う方法と美容皮膚科での違いは家で行う方法と美容皮膚科での違いは効果の高さです。

まず美容皮膚科で行うものは医療器具として認定されているものや医薬品として認定されている効果の高いものを使います。

家庭では購入できない医療器具医薬品などを使ってきれいにすることができるため自分でケアするだけでは解決できなかった黒ずみ、ぶつぶつがきれいにはなったけれど少しまだ残ってしまっているという的に早く確実にきれいに治すことはできるのが美容皮膚科の方法です。

美容皮膚科ではどんな方法で行う

美容皮膚科ではケミカルピーリングやイオン導入レーザー治療などの治療方法を行うことが多いです。

市販では購入することができない高価の高い美白クリームなども取り扱っていますので、そのようなものを試したい方にも最適です。

美容皮膚科の選ぶ方法美容皮膚科は黒ずみのタイプで選ぶことが必要です。

まずお尻の黒ずみはニキビができる黒ずみとザラザラができる黒ずみ肌トラブルが多い黒ずみの3種類のタイプがあります。

それぞれのタイプに応じて黒ずみ解消方法を選択することが大切です。

例えば塗り薬では黒ずみのタイプお医者が診断し適切な塗り薬を選んでくれます。
またイオン導入では微弱な電流を流して塗り薬を皮膚の奥まで浸透させる方法です。
ケミカルピーリングは医薬品の力で皮膚のいらなくなったところを取り除く方法です。
そしてレーザー治療はメラニン色素を破壊して肌の新陳代謝を上げる効果があります。

タイプ別の美容皮膚科での治療方法

ざらつき肉割れがある場合

症状としてはさらっとした肌触り肌に亀裂がある、ニキビとは違うブツブツができている治療方法は、トレチノインでターンオーバーをあげたりサリチル酸や乳酸を使って角質を溶融させるまたレーザー治療も行われます。

ニキビや肌荒れがひどい場合

ニキビが出来て炎症があったりぶつぶつがある触るとニキビが痛いという場合は肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムやクロモライトレーザーなどを使う必要があります。

ゴツゴツや炎症がない黒ずみ

ブツブツやザラザラニキビなどがない場合は美白効果のある成分を使ったクリームを使うことが多いです。

例えばハイドロキノンが有名ですが、トラネキサム酸やビタミンC誘導体を使った方法また治療を行っていきます。