実は美容皮膚科の治療は治せない方お断りする方がいます。

美容皮膚科での黒ずみの解消方法は効果が高いため若干の副作用を伴います。

例えば肌が火照ったり、ヒリヒリと痛む日焼けをした後の様な現象が起こるなどの副作用があることがあります。

そのため治療を受けられない方がいます。

妊娠中の方・授乳中の方
薬を飲んでいる方
持病を治療中の方

お尻の黒ずみだけではありませんが、美容皮膚科での治療はこのようなポイントに該当する方は残念ながら治療を受けることが出来ません。

美容皮膚科の選び方

それでは美容皮膚科で治療ができる方の場合どのようにクリニックを選べば良いのでしょうか。ポイントは知名度・店舗の多さ・治療実績の多さ・効果の高い医療機器を使っているなどのポイントです。

美容皮膚科でお尻の黒ずみを治したいけれどどこが良いのかさっぱり分からない、見つけたのは良いけれど値段が高すぎてできないといった場合は湘南美容外科などがおすすめです。

美容クリニックはたくさんありますが、激安のものを選んでしまったり、全く知名度がない治療実績が少ないとこを選んでしまうと後で肌トラブルを起こしてしまったり、トラブルに適切に対応してもらえないなどトラブルが起こってしまいます。

そのため大手の美容皮膚科で店舗数が多くて知名度があるところ、治療実績が高くたくさんの女性を見てきた病院を選ぶことをおすすめします。

再発することも

美容皮膚科でせっかくきれいにしても再発してしまうことがあります。
それは日常ケアを怠った場合です。

レーザー治療をするにしても、ハイドロキノンクリームを使うにしても医療的に黒ずみができる原因をそのままにしていると黒ずみはどうしても再発してしまいます。

そのためには以下の様なポイントが重要です。

クッション当てて座る

一つ目はクッション当てて座り血行を良くすることです。
お尻の黒ずみの原因は長時間座りぱなしでお尻が圧迫されて血行不良を起こしているということが挙げられます。

そのためクッションを敷いてお尻への圧迫を軽減したり血行不良を改善することは大切です。
また座り方適度に立って血行不良を良くすることも大切です。

保湿とピーリングを行う

毎日の保湿と週に1回から2回程度のピーリングが大切です。

おしりに限らず黒ずみをきれいにしたい場合はメラニン色素がたまらないように美白クリームを塗ったり、肌が乾燥して刺激が高くなってしまうのを避けなければなりません。

そして週に1回から2回程度ピーリングを行うことによって古い角質を除去することが大切です。

美容皮膚科でケアをしている間はピーリング美白クリームでのケアは必要ありませんが、美容クリニックでの治療が終わった後は市販の美白クリームでメラニンを作られないようにしたり、ピーリングで角質を除去したい保湿剤で肌の乾燥を抑えたりすることが大切です。