お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着とターンオーバーの乱れです。

お尻にはザラザラや黒ずみぶつぶつができることが多いですが、主な理由は色素沈着とターンオーバーの低下です。

お尻には立ったり座ったりサドルが当たったりするなど常に摩擦が起こり角質が他の部分より分厚いところです。

それに加えて長時間のすわりっぱなしで血行不良になるなど肌に対する負荷がかかりターンオーバーが見られたりメラニン色素が沈着してしまったりします。

またブツブツやザラザラができる原因は汗腺が詰まったりみきができたりかぶれを起こしやすいためです。

お尻の黒ずみを解消するには

生活で注意する点は生活では栄養不足や長時間のすわりっぱなし圧迫のある衣服に注意する必要があります。

長期間座っていると血行不良になり皮膚に栄養分を届きにくくなります。
そうすることで肌の新陳代謝のサイクルがお遅くなり黒ずみが悪くなります。

圧迫の強い衣服を着ているとそれが摩擦となりメラニンを乱す原因となります。
できるだけ着用している時に摩擦が起こらないものを切るようにしましょう。

栄養不足に注意する顔の肌を綺麗にしたいと思ったら食べ物に気をつけます。

お尻の肌を綺麗にしたい時も同じ肌に良いとされているビタミンcやビタミンeなど沢山食べましょう。

そして皮膚を構成するコラーゲンを壊さないためにもしっかりとタンパク質をとることが大切です。

ざらざら黒ずみを解消する方法

古い角質を排除するまずピーリングスクラブなどを使って不要になった角質をオフすることが大切です。
クエン酸やフルーツ何が含まれているピーリング剤を使って余計な皮膚を剥がします

またスクラブが入っているピーリング剤で表面の汚れを削り取ることも大切です。

ピーリングをする場合はお風呂に入って皮膚の血行が良くなり肌が柔らかくなっているときに行うのがお勧めです。

お風呂場でピーリング剤を使って週に2回ほどケアします。

ピーリング剤を使った後は肌が乾燥しやすくなっていますので、保湿をしっかりするのを忘れないようにしましょう。

ターンオーバーを正常にすることでザラザラや黒ずみを解消することができます。

美白クリームを使う方法

ピーリングの次に大切なのが美白クリームを使う方法です。

美白クリームはメラニンの生成を抑えてくれる美白成分が含まれていてさらに保湿成分も含まれているため同時に保湿と美白のケアをすることができます。

お風呂に入った後に美白クリームを塗ることでメラニンの生成をストップすることが出来同時に保湿を行って肌の摩擦ダメージを減らしていきます。

マッサージも大切

とにかくお尻はずっと椅子に圧迫されていて血行不良になっています。
そのためマッサージを行うと皮膚の状態を良くすることができます。

保湿クリームを使ってマッサージをすることで血行が良くなって老廃物の排出が速くなります。

そのためメラニンが過剰に蓄積してしまったり角質が分厚くなったりして黒ずみが進行するのをストップすることができます。

マッサージの方法はまず保湿クリームを手に取ってお尻に伸ばします。

そしてお尻の付け根から上に向かってお尻を持ち上げる様な格好でマッサージを行います。

こうすることでリンパ管の流れが良くなりおりも解消されることがあります。

そして太ももからお尻のくぼみに向かってマッサージしていくことでリンパの流れを良くします。

クリニックでの治療方法

家庭で行うケアの方法では3か月以上の時間がかかってしまいますので、急いでいる場合はクリニックで治療することをお勧めします。

クリニックではケミカルピーリングパックマッサージ美白クリーム保存方法を使って行きます。

ケミカルピーリングは即効性がありターンオーバーを促すします。

レーザー治療はメラニン色素材黒ずみの本を解消します。

美白成分入りのクリームはメラニンの生成を抑えたりできてしまったメラニンを還元したりする作用があります。